日大アメフト部事件 日大主導による自主的な幕引きは不可能に

日大アメフト危険タックル事件。ついにタックルした本人が実名、顔だしで会見。内田元監督の指示でやったことを証言。

6日のアメリカンフットボール定期戦で、関学大QBをラフプレーで負傷させた日大3年のDL宮川泰介選手(20)が22日に都内で会見。内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)の指示で反則したなど経緯を説明した。関学大QBと家族らには18日に謝罪したが「フットボールは続けるつもりはない」とも話した。指示を真っ向否定してきた内田前監督と日大は、さらに追い込まれることになった

 日大は関学大と関東学生連盟に対し、24日までに文書で抗議への再回答と状況説明をするとしている。宮川選手本人が監督、コーチから指示があったと明らかにしたが、日大は言葉は認めながらこの日も反論。再回答なども同様な内容となることが予想される。

 連盟は今月中に規律委員会の調査を終え、理事会で最終処分を決める。その結果で春のオープン戦を拒否するなどした他校の了解を得られるか。本人と大学が平行線の状況では、関学大も含めてとても納得できるとは思われない。

 解決が遅々として進まないだけで、日大の秋のリーグ戦出場は厳しくなると言わざるを得ない。そうなれば、19年度は同じ1部もTOPからBIGの下位リーグに自動的に陥落。さらに退部者も続出し、来春以降の入学者の激減も予想される。存続の危機にある状況に変わりはない。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00217259-nksports-spo

組織の力でうやむやに幕引きできると思ったのが間違いだ。60歳以上の権力者たちの、認識が甘いと言わざるを得ない。彼らはまだ昭和の幻想の中に生きているように見受けられる。SNSの拡散力の凄まじさをわかっていない。「

記憶にございません」に代表されるようなシラを切りとおす答弁で切り抜けられると入れ知恵されたのだろうが、そのブレインの目利きも大甘だろう。もう日本国民はそういった政治家よろしいぬけぬけとしたシラの切り方に我慢がならないところまで来ているのだ。

時代を理解できていない、そのつもりもない。国民感情も読めていない。日大の負け戦は確定している。マスコミや国民の感情は、「悪の権化、日大経営陣を懲らしめてやる」へとシフトしている。もはや悪質タックルがどうとかいう問題ではない。

内田元監督をはじめとした日大経営陣のふてぶてしい態度に怒っているのだ。しかし冷静になってもらいたい。今、日大のツイッターが大荒れだという。日大の対応、内田元監督をはじめとするコーチ陣の指導はスポーツ精神に反するもで、到底受け入れがたい。

それはそうだ。ただしだからといって、ツイッターで当該アカウントにめったくそな書き込みをしたり、罵詈雑言を書きこんでいいわけではない。ましてやタックルをした宮川選手やご家族のことをネットでメタクソに書き散らしていいわけでもない。

ツイッターは不特定多数の誰かが、言いたい放題書き込み放題で、ストレスを発散する場ではないことはお忘れなく。もしネットリンチに加担して回りが言いたい放題いっているから、というような軽い気持ちで誹謗中傷を書き込んだ場合、中傷を受けた側が警察に届け出た時、リツイート、コピペも含めて全員が加害者として逮捕の対象になることもお忘れなく。参考までにスマイリーキクチさんのツイートを載せておく。

一部のネットユーザーがこの事件の被害者探しをしているようだけど、憶測で名前や個人情報を書き込んでもアウトだからね。コピペやリツイートは最初の発信者と同じ責任で、借金に例えるなら連帯保証人と一緒なの。安易な投稿や拡散はさけましょう。

TOKIO山口君騒動の際のツイート

スマイリーキクチ氏のTOKIO山口君騒動の際のツイートから引用

@smiley_kikuchiから

この事件、幕引きはそう簡単ではなくなった。間違いなく日大の主導での幕引きは不可能になった。どこまで油を注ぐかはマスコミ次第といったところか。

合わせて読みたい

日大アメフト部問題 部活の闇はブラック会社の闇につながる

日大アメフト落としどころはどこか

日大アメフト部事件 日大主導による自主的な幕引きは不可能に

日大緊急記者会見の司会の老人は誰なのか?

日大ブランドが地に落ちた はやくもあの在京球団が見捨てた

日大の内田正人氏、日大病院入院の真相

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です