日大ブランドが地に落ちた はやくもあの在京球団が見捨てた

【悲報】

23日の記者会見で、記者から「あなたの発言が日大ブランドを落としている」と苦言を呈されると

「落ちません」

とエリカ様なみに強気に切り返した日大広報部だったが、なんと24時間も経たぬうちに、日大ブランドの失墜がすでに始まっていたことが発覚。

 

騒動の余波は広がり、プロ野球の巨人は同日、試合後のヒーローインタビューなどの背景に用いるボードや公式ホームページなどから、球団公式スポンサーの日大に関する広告を外したことを明らかにした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000002-mai-spo

これはまだ、ほんの始まりにすぎないでしょう。これから日大は筆者の予想だと後2回は会見を開くことになりそうです。時勢を読み誤った企業の哀れな末路、と書けば維持が悪く聞こえますが、これは本件は自業自得の極みです。

追記:その後横浜DNAベイスターズも日大の球場内の広告を撤去したとアナウンスしました。これでセリーグ2球団目です。また、関東アメフト連合は日大を除くすべての所属チームが日大との試合を行わないことで合意したと発表。次々と「日大ブランドの崩壊」が起きています。

時代を読み切れない老人たちの悪あがきに、しばらくは日本国民全体がつきあわされることになりそうです。

追記:予想のとおり日大学長が会見を開き、再び謝罪しました。それでも本件は収束のめどがたちません。なぜでしょうか?

詳しくはこちらの記事へ。日大アメフト部廃部は不可避か?水面下の攻防戦

合わせて読みたい

日大緊急記者会見の司会の老人は誰なのか?

日大アメフト部問題 部活の闇はブラック会社の闇につながる

日大アメフト落としどころはどこか

日大アメフト部事件 日大主導による自主的な幕引きは不可能に

内田正人氏の出身校は日大豊山 日大一筋の人生とは

日大の内田正人氏、日大病院入院の真相

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です