【元調教助手が解説】ダノンプレミアムの敗因は?激闘日本ダービー2018の回顧録

2018年日本ダービーを振り返ってみましょう。この記事では日本ダービーのレース回顧、各馬のレースぶりを元調教助手の僕が解説していきます。最強の呼び声高かったダノンプレミアムの敗因はいったいなんでしょうか? 青葉賞馬は今年も勝てませんでしたね。

HORSE RACINGトップへ

ワグネリアンが勝利

 

勝ったのは素質場ワグネリアン! 好位の先行から一番人気ダノンプレミアムをマークする形で競馬。結果これが1000m通過60.1秒の平均ペース(3歳の2400mを考えるとやや早い)の絶好位となりました。ただし、この位置どりでダービーを勝とうと思ったら血統的なスタミナの裏づけがないといけません。

2000mがベストのスピード馬では押し切れません。距離をごまかせないポジションだからです。しかし、この展開(エポカドーロが素晴らしい競馬をつくりました)こそがワグネリアン向きの展開でした。真にスピードとスタミナ、底力が試されるチャンピンディスタンスの勝利には必要なもの全てをワグネリアンがもっていたからです。

勝因は最後の1ハロンを押し切れるだけのスタミナと底力です。それは父である3冠馬ディープインパクトと、…母父のキングカメハメハの両方から受け継いでいるという思いです。母の母、ブロードアピールはJRAで活躍した重賞勝ち馬です。根岸Sの4角回って最後方からの直線一気の競馬は動画でご覧になった方も多いはずです。

ブロードブラッシュからのスピードをいかんなく発揮した快速スプリンターでした。そこにチャンピオンホースのキングカメハメハ、天馬ディープインパクトと配合して圧倒的な(持続可能な)スピードとここチャンピオンディスタンスにおいての大勝負で押し切れるだけの底力が注入された、素晴らしい血統構成だと思います。

血統表だけを見るとディープインパクトの母系以外は見事なアメリカ血統で、スピードが全面に押し出された構成ですが、キングマンボの母ミエスクは凱旋門賞勝馬、ミスワキはミスプロ系の長距離血統ですから、やはりキングカメハメハはチャンピオンディスタンスを勝ち切れる馬を直系からも、母系からも排出する素晴らしい種牡馬だと再確認しました。

ワグネリアンのダービー勝利の血統的な裏付けはあるなと断言します。なぜなら今回のダービーでは掲示板に入着した1着,3着,5着の馬にキングカメハメハの血が流れています。ワグネリアン(母父キングカメハメハ)コズミックフォース(父キングカメハメハ)ビラストワンピース(母父キングカメハメハ))です。

着外組でも10着タイムフライヤー(母父キングカメハメハ))、12着キタノコマンドール(母父キングカメハメハ)です。やはりサンデーサイレンス系がつけ放題なので、母父が今後ますます増えそうですね。凄いですね! また、父としても健在です。

受胎能力の低下から頭数は絞っていますが繁殖は続けていますので、こうなると社台F、ノーザンFが「これは!」という良質な繁殖牝馬のみを交配に回すことが考えられ、少数精鋭の、スーパーホースがまだまだ誕生しそうです。それだけにレイデオロは種牡馬としての価値が極めて高く、2018年いっぱいの現役引退は間違いなさそうです。

やはりキングカメハメハは真のチャンピオンホースです。また、サンデーサイレンス系の繁殖牝馬と交配が可能であることが、成績上位の一員であることは、間違いありません。

Mill ReafとSecretariatを探せ

ミソは母マンファスがラストタイクーンの肌馬であることですね。ラストタイクーンは母父がスーパーホースMill Reafです。今でもアガ・カーン3世が大事に大事に直系を残しているヨーロッパの超名馬です。キングジョージ、凱旋門賞の優勝馬ですね。Mill Reafが入ると確実にその馬はチャンピオンディスタンスで走ります。スタミナが欲しければMIll ReafかSecretariatの名前を5代血統表内に探すことをお勧めします。

ちなみにSecretariatの名前は

  • Storm Cat
  • A.P Indy
  • Gone West

の母父で見ることができます。アメリカが誇る3大スーパーサイアーです。直系では血を残せませんでしたが、こうして草葉の陰から現代競馬に大きな影響を与え続けています。

ダノンプレミアムの敗因は距離

ダノンプレミアムは一番人気におされましたが、残念ながら直線押し切れず6着。掲示板も外してしまいました。敗因は距離だと分析します。弥生賞までの勝ち方はほぼパーフェクトで、サンデーサイレンスのファーストクロップにして最強だったとの評価もあるフジキセキを彷彿とさせる強さでした。

血統的には父は勝ち馬と同じディープインパクト。母父は英オークス馬スノーフェアリーを排出しているIntikabですね。Intikabはレッドランサム系種牡馬です。その父はブライアンズタイムと同じRobertoですから、決して短距離の種牡馬ではありませんが、今日の展開で2400mを押し切るのは厳しかったのかな…という見方です。今後2400mのG1級レースに優勝しようと思うなら、もう少し中段から後方で脚をじっくりためるような競馬、直線で末脚を爆発させるような競馬になると考えています。スノーフェアリーもそういう競馬が得意な馬でしたし、本来ディープインパクトからして、爆発的な末脚を発揮する馬でした。

レッドランサム系は切れる脚を使う馬が多いイメージです。あるいは、先行して押し切る競馬なら、2000mあたりまでで素晴らしいパフォーマンスを発揮するでしょう。かつてはアイルランド産のレッドランサム産駒で、セントライト記念に優勝し、有馬記念でもキネーン騎手で4着に入ったロックドウカンプという素質馬がいましたが、あれは例外的にスタミナ満点の馬でした。

血統だけで馬の適正距離は測れませんが、当たらずも遠からず、あるいは知っているとうんちくを垂れることができて、競馬がより楽しくなるのは間違いないです。ダノンプレミアムは秋以降は中距離路線に進むものと思われます。菊花賞向きの馬ではありません。

3歳馬にとって2400mは楽ではない

別記事でなぜ青葉賞組がダービーで良績を収められないのか、という記事を書きました。そちらでも触れていますが、この時期の3歳馬に2400mはやっぱりキツイ競馬なんです。ステップレースで2400m、中3週は馬の消耗が激しいということです。

しかも定量戦ですから、ダービー本番は一律57㌔です。例えばヨーロッパの春のチャンピン決定戦、通称”キングジョージ”は、古馬は60.5㌔に対して3歳馬は55㌔で出走できる恩恵があります。

それくらい3歳が2400mを走る場合、実は57㌔は負担重量としてはけっこう重いです。古馬との比較で軽くする場合と年齢制限のあるクラシックは訳が違いますが、5月に2400mを57㌔をしょって勝ち切ろうと思ったら、やはり240mを勝ち切るスタミナの裏付けが必要なのだと、今回のレースを見て痛感しました。

ダノンプレミアムも直線で一杯一杯に頑張っていて、そうそうに脱落したわけではありません。

素晴らしい騎乗と、素晴らしい競馬をしました。100点の競馬です。ただし、今回みたいなよどみのない極めてフェアな競馬になった時、残りの400m、あるいはゴール前の1F(200m)でもう一踏ん張りというのは、もう一枚スタミナが要求されたということです。一流馬には違いありません。

圧倒的な能力を見せたのは実はエポカドーロ

エポカドーロの評価というのが、実はできませんでした。それほどに、今年の皐月賞は馬場的要因が多い、例外的な競馬、圧倒的なパワーを要求されるヨーロッパの競馬のようになってしまいました。

そういう、重たく、馬力が必要な馬場で圧倒的なパフォーマンスを発揮するのがステイゴールドの血統です。実は僕はそういう競馬が好きです。最強馬は常に逃げ、先行であるというのが僕のポリシーなので、エポカは強い馬だとは思っていましたが、近年高速馬場と化する東京競馬ではどうかな? という疑問を持っていました。

結果的には自分で自分の得意なレース展開をつくるという、王者の競馬をしました。

あの競馬はなかなかできません。戸崎Jはよほど自身があったのでしょう。馬に自身がなければ皐月賞馬でダービーを逃げるのは精神的に厳しいはずです。かつてサニーブライアンで2冠を達成した大西Jも、最初から最後まで馬を信じていたとコメントしていますように、ダービーで皐月賞馬が逃げるというのは、プレッシャーがかかるものです。

ほぼ勝ちに等しい2着で、実質2冠馬と僕はみなしています。実は勝ち馬のワグネリアンより、エポカドーロの方が僕は圧倒的に将来性をかっています。

もし、凱旋門賞を勝つとしたら、それはディープインパクト系ではなく、ステイゴールド系だろうと考えていて、ディープインパクトの能力の遺伝は誰しもが認めるところですが、ヨーロッパで勝ちたいならステイゴールド系です。パワーが違います。

2着ですが、エポカドーロは秋以降、菊花賞の主役になる可能性が高いです。というか、この世代でも1位、2位を争う能力だと言えます。キタサンブラックのような馬になってほしいですね。菊花賞で楽しみな馬はゴーフォザサミット、コズミックフォース、ブラストワンピースいったところです。

まあ、この展開のダービーで上位5頭に入った馬は抜けて強いはずです。唯一ダノンプレミアムだけは、中距離馬だと断言します。コズミックフォースは父キングカメハメハ、母父ネオユニヴァースと、ダービー馬の2頭の名前が見えます。母系からも5代前に前述のSecretaiatの名前があるように、こちらもスタミナには自信があるでしょう。

ブラストワンピースは父がヨーロッパの名ステイヤーハービンジャー、にキンカメの肌馬ですね。こちらも菊花賞で楽しみな馬になりました。

ちょっとレインボーラインの話を最後に

僕は古馬ならシュヴァルグランが好きですが、春の天皇賞は衝撃でした。レインボーラインです。ステイゴールドなのでスタミナはわかりますが、あのゴール前100mの切れはちょっと信じられません。3100mを走った後のあの切れはチャンピオン級の能力の証明と、あとフレンチデピュティです。

フレンチデピュティが入ると、猛烈に切れます。クロフネでもOKです。

なぜか?それはフレンチデピュティの母父がHold Your Peaceだからです。Hold Your Peaceの父のSpeak JohnはPrince Quilloへと遡る超快速血統です。競馬の歴史を常に母系から塗り替えてきた超スピード血統です。

現代ですと、オーストラリアのスーパーホースWinxがそうです。WInxはStreet Cryですから、ミスプロ系ですが、母父がSuccess Expressというオーストラリアに根付いた地球最後のPrince Quillo系なんです。

もう現代競馬において、Prince Quilloの直系ラインはこのSuccess Express-Moss Man-Love Conquers All(ラブコンカゾー)のラインだけなはずです。もし南米やアフリカに、ひっそりとPrince Quilloの血統が残っていれば、ぜひ発掘したいものです。

アニマルキングダムの父ルロワニデザニモ(ブラジル)のように、忘れ去られたBlushing Groom-Red Godの末裔が南半球から逆輸入というパターンはあります。それに期待してます。

モスマンは先日引退してしまいました。残るはラブコンカゾーだけです。ラブコンカゾーはオーストラリアのヴィクトリア州、SUNSTUDで種牡馬生活を送っています。種付け料8000㌦

話を元に戻しますと、Prince Quilloが母系から入ると、無条件ですさまじいスピードが流入されます。歴史的に、圧倒的に早いです。先ほどスタミナの供述でSectretariatを引き合いにだしましたが、あのSectretariatですら、母父Prince Quilloです。

セクレタリアトのようなアメリカ競馬史上最強だとうたわれるスーパーホースも母系からPrince Quilloの恩恵を受けていたんですね。それでいてベルモントS(2400m)を20馬身以上の大差で勝つような突然変異の化け物でした。

 

Published by The New York Association, INC on March 13 2015

まとめ

  • エポカドーロは明らかに強い。秋以降の主役になる可能性が高い
  • ワグネリアンは夏の成長次第ではエポカドーロに逆転されるかも 能力に差はない
  • ダノンプレミアムは中距離馬 ただしスピードは頭一つ抜けている
  • 素晴らしいダービーでした。フェアな競馬で、全馬能力をフルに出せたのではないでしょうか?
  • 上位2頭は皐月賞からの直行組 やはり皐月賞は最大のダービートライアル
  • プリンシパルSの勝馬が3着 2000mのトライアルなら上位が狙える
  • 青葉賞2着馬が4着 善戦した方 2400mのトライアルから中3週で本番を57㌔で走るのは3歳馬にはキツイ
  • ホープフルSを使った組は春のクラシック散々な目に 2歳時に2000mのG1は無茶 上がり目よりも消耗が激しく馬の将来性を考えたら、お勧めできないG1に
  • 1400mのG1に変更ならGOOD
  • ルーカスに至っては完全にリズムがくるってしまった

随時追記していきます。最後までよんでくれて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です