米国競馬ジャスティファイがトリプルクラウン達成!(動画あり)

米国3冠競馬41年ぶりの無配トリプルクラウン

トリプルクラウンに挑んでいたジャスティファイは見事ベルモントSに優勝し、無敗でトリプルクラウンを達成しました。

NBC Sports published on 9th June 2018

Wire to Wire 

いわゆる逃げ切り勝ちです。

2400mを最も強い馬が後続を引き連れて押しきる。これほど強い競馬をする馬が今ほかにいるでしょうか?

恐らく世界ホースランキングでは1位になるでしょう。

こういう勝ち方ができるから種牡馬としての価値がありますし、またこういう圧倒的なパフォーマンスの馬を排出する米国クラシックはやはり世界的に見ても突き抜けたレベルなんだということですね。

無敗でトリプルクラウン達成は77年のシアトルスルー以来2頭目の快挙です。第150回のベルモントS、節目の年に42年ぶりの怪物を排出しました。

ジャスティファイの血統はこちらの記事から。【ベルモントS】ジャスティファイの最終調教動画を公開します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です